MENU
たなやん
「南河内をもっと、楽しく」
がコンセプトの地域ブログ【カワチビ】です。

大阪・南河内とその周辺地域の
おすすめスポットやグルメ、子どもの遊び場などを紹介しています。


下のインスタグラムやツイッターから
フォローお願いします♡
「カワチビ」に広告掲載をしてみませんか?

大興奮!「わんぱく王国」の恐竜ローラー滑り台が大人気!遊具や駐車場の情報も【大阪・阪南市】

わんぱく王国,阪南市,ローラーすべり台

どうも、たなやんです。


こちらの公園をご存知でしょうか・・・

大阪・阪南市にある公園・・というよりほぼ山なんですけどね、

めちゃめちゃ面白いですよ


『わんぱく王国』

て言うんですが、子どもたちの興奮具合がやばいです!

長さも高さのある恐竜ローラーすべり台は、スピードも出てスリル満点。

わんぱく王国は入園料も無料だし、親子で身体を動かして遊ぶにはぴったりの場所です。

さっそくご紹介します♪

目次

わんぱく王国は電車でのアクセスも良好

わんぱく王国の基本情報

住所:〒599-0214 大阪府阪南市山中渓119-8
最寄駅:JR阪和線 山中渓駅下車すぐ
TEL:072-472-1890 わんぱく王国管理棟事務所
入園料:無料
開園時間: 9:30~16:30(5月1日~9月30日は17:00まで)
休園日:毎月 第3水曜日(12月29日~1月3日の年末年始)
駐車場:140台 あり(有料)
駐車料金:普通車 500円、大型車1,500円

阪南市にある「わんぱく王国」は、山に造られた自然いっぱいの公園です。

JR阪和線 山中渓駅

JR阪和線「山中渓駅」から徒歩すぐの場所にあってアクセス良好。

わんぱく王国の園内や山中渓駅の周辺には桜の木が多く植えられており、大阪府内でも屈指の桜の名所としても知られています。

わんぱく王国の駐車場は2カ所!駐車料金は1日500円

わんぱく王国の専用駐車場は、少し離れたところに2カ所あります。

どちらの駐車場も、駐車料金は普通車 500円、大型車1,500円。

駐車料金の減免については以下のとおりです。

駐車場料金の免除について

下記の手帳等を提示された方は、駐車料金が免除(無料)となります。

  • 身体障害者福祉法第15条第4項に規定する身体障がい者の手帳の交付を受けている方
  • 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に規定する精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方
  • 子ども家庭センター又は自立相談支援センターにおいて知的障がいと認定された方

第1駐車場(わんぱく王国まで約250m)

第1駐車場

わんぱく王国に近い場所にあるのが第1駐車場です。近いといっても250mほど離れています。

利用可能時間は、9:00から17:15。

桜の時期や行楽シーズンの休日などは、昼前には満車になることも多いんだそう。

満車の場合は、Uターンして第2駐車場へ向かいましょう。

第2駐車場(わんぱく王国まで約500m)

第2駐車場は、わんぱく王国から500mほど離れた場所にあります。

ちょっと遠いな〜と感じるかもしれませんが、わんぱく王国へ向かう際に「紀州街道」を歩けば、歴史的な街並みをちょっと散策した気分になりますよ。

山中渓サイドテラス

さらには、紀州街道の途中に古民家リノベーション複合施設「山中渓サイドテラス」があります。

とってもオシャレでおすすめなスポットです。

1日400円!穴場な民間駐車場もご紹介

山中渓駅のすぐ近くには、民間駐車場が1カ所あります。

わんぱく王国に近くて1日400円と安くて穴場なのですが、駐車台数が7台ほどと少ないのが難点。

代金は、山中渓駅前の「アルプス」というお店で支払うシステムです。

森林浴でリフレッシュ!入園無料のわんぱく王国

というわけで山中渓駅前につきました。

わんぱく王国の看板を目印に、坂道を登っていくと・・

目の前にゲートが登場。料金は無料です。

園内のマップはこんな感じです。

後でご紹介しますが、山頂の「わんぱく砦」は標高約210mの場所にあります。

プチ登山になりますので、履き慣れたスニーカーやカジュアルな格好がおすすめ。

ゲートを潜ってすぐ右手には管理棟やトイレ、自動販売機などがありますよ。

トイレは園内に1カ所しかないので、ここで済ませておきましょう。

左手には広場があり、小さなお子さま向けの乗り物の遊具がありました。

なかなかの場末感です(笑)


さっそくわんぱく王国の目玉である「ローラーエキスプレス」に向かいます。

新緑がきれい。

空気は澄んでるし、そよそよ吹くそよ風が爽やかで気持ちいいんですよねぇ。

出口は恐竜の口の中!ローラーエクスプレスで大興奮

ご覧ください!こちらが今回のお目当て「ローラーエクスプレス」

初めて恐竜を発見した時の気持ちの高ぶり。


おおおおい、デカイな

と感嘆の声が出るはずです。


滑らずにはいられない衝動を抑えられなくなった経験はこれが初めて。

すべり台をすべるには、この急な階段を登っていきます。

山の急斜面を利用しているので高低差がすごい。


階段を登りきると・・

さらに上にも2つのすべり台が。


急勾配すぎない?

その角度、その高さ。危険!危険!

想像するだけで尻込みするほどの怖さです。

気を取り直して、恐竜のすべり台を滑走しますよ。

いざ!!

ホホホオォォ!!!!

手や足でブレーキをかけずにローラーに身をゆだね、風をガンガンに感じながら滑ります。


恐竜の口に入った瞬間、「ガオオォ!」と響く効果音。

すべり心地は「クセになるスピード感」と「お尻百叩き」、後味は「スカッと爽快」。

つぎは長いすべり台のコースを目指します。

山道の急な階段を10分ほど登るんですが、これが結構遠いんですよ〜

日頃の運動不足がたたって、ゼーハーしている私。

やっと着いたと思ったら子供に急かされ、雑木林の中を滑走!


コースが長いぶん、スピードが加速してカーブもスリル満点。

あっという間に下界へ到着。1回でギブアップ!のぼるのしんどい


絶叫系アトラクションが好きなら、子どもも大人も思いっきり楽しめます。



注意点として、どのローラーすべり台もかなりスピードが出るため幼児の一人乗りはちょっと危険。

年長さん以上〜小学生くらいが対象かな。

3歳の娘は恐竜が怖くて2度しか滑りませんでした。


あと、登頂ルートの山道は柵がないので、小さなお子さんは崖から落ちないように注意が必要です。

心配で目が離せないので、必然と子どもについてまわることになり、すごい運動量になりますよ^^

阪南市の街並みを一望できる「わんぱく砦」

山の中腹にある長いすべり台から、さらに200mほど登ると「わんぱく砦(とりで)」があります。

ハイキングというかほぼ登山。

ベビーカーやキャリーワゴンは、恐竜の場所に置いていってくださいね。

山頂まであと少し。

上が見えてきましたね〜

こちらが展望塔「わんぱく砦」

木造3階建てのアスレチック遊具です。

周りではファミリー数組がレジャーシートを広げてピクニックしていましたよ。

山頂からの眺めがまた良くて、阪南市の街並みや海を一望できます。天気が良い日は神戸まで見えるそうです。


頂上まで何とか登りましたが息子のトイレコールで、ものの数分で退散となりました。

ローラーすべり台以外の遊びもご紹介

管理棟の裏にある「ジャックと豆の木」という複合遊具。

人工の川(?)もあって、夏には水遊びもできるようです。

広場ではバトミントンをしたり、のんびり過ごせます。

バーベキューコーナーもあります!今後の期待を込めてレビュー

わんぱく王国にはバーベキューコーナーもあります。
▶︎▶︎バーベキューの詳しい情報はこちら

「すべり台楽しかったし、次来たときにはBBQもいいなぁ〜」

なんて思っていたので、今回はちょっと厳しめのレビューになるかもしれません!


ご覧の通りバーベキューコーナーはちょっと・・

イヤ、だいぶ廃れた雰囲気。

若者1グループが食材やドリンクを運んでいましたが、

「え?ここ? 俺たちここでBBQすんの?」

というような心の声が聞こえてきそうでした。


こんなに自然豊かで、楽しいローラーすべり台のある公園はなかなか無いと思うので、

もうちょっと楽しくて快適なBBQ場の雰囲気作りをお願いします!

授乳室やオムツ交換スペースも完備!

管理棟のなかには、授乳やオムツ交換に使えるスペースがあります。

非日常なスリルとスピードを味わいに「わんぱく王国」へぜひ!

というわけで、わんぱく王国をお送りしました。

正直、子どものためのローラーすべり台が、ここまで歯ごたえある物だとは思いませんでした。

非日常なスリルとスピードが味わえるローラーすべり台です。

わんぱく王国で私、めちゃくちゃ生き生きしていたと思います。

しかも無料(タダ)ですよ〜♡

あなたもぜひ、阪南市のわんぱく王国のローラーすべり台を体験しにお出かけしてみては?

わんぱく王国,阪南市,ローラーすべり台

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次