千早川マス釣り場,千早赤阪村,釣り

おでかけ 今見ておきたい記事 千早赤坂村 観光

【千早川マス釣り場】アクセス・料金・営業時間がまるわかり!目方釣りに挑戦してみた

こんにちは、たなやんです。

 

普段は子どもと公園ばかりで遊んでいるわたしですが、たまにはちょっと変わった遊びもしたいなぁと思い、いろいろと検索していると

千早赤阪村で何やらおもしろそうな場所がヒットしました。

 

「千早川マス釣り場」

 

ここでは、自分で釣った魚をその場で食べられるというスペシャルな体験ができます。

 

親子で釣りを楽しみたい。子どもに自分で釣った魚を食べる体験もさせてあげたい!

 

そんな方に、もってこいのレジャー施設です。

  • 澄んだ空気と清流のせせらぎ
  • 釣り具はレンタル、手ぶらでOK
  • 同伴者は無料
  • 子連れファミリーやデートにもおすすめ
  • その場で調理してもらえる
  • 釣らなくても食堂での食事OK

自然を満喫しながらマス釣りを存分楽しめば、リフレッシュできること間違いなしです。

 

私イチオシの週末おでかけスポットとなりました。(すでに2回再訪)

 

さっそく「千早川マス釣り場」の魅力をたっぷりご紹介したいと思います。

釣り具はレンタルOK!初心者や子ども連れ楽しめる「千早川マス釣り場」

千早川マス釣り場は、大阪唯一の村「千早赤阪村」にある千早川の清流を利用した管理釣り場です。

 

自然の川をせき止めて魚を放流していているので、誰でも気軽に釣りを楽します。

 

釣り道具やエサなどすべてレンタルできるので手ぶらでOK!

 

釣り初心者やお子さん連れファミリーのアウトドアレジャーにおすすめです。

千早川マス釣り場のアクセス・駐車場は?

ということで、千早川マス釣り場に向かいます。

千早川マス釣り場の住所

大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1262-4

 

大阪市内からは車で1時間ちょいとアクセスも良好。

電車とバスで行くこともできます。

電車でのアクセス

  1. 近鉄河内長野線富田林下車  金剛バス ロープウェイ行き マス釣り場前下車
  2. 南海高野線河内長野駅下車  南海バスロープウェイ行き マス釣り場前下車

電話

0721-74-0116

営業時間

AM8:30~PM5:00

年中無休です。

駐車場

駐車可能台数は約150台。片側がすぐ壁になっていて、車一台が何とか通れる位のスペースです。

駐車スペースは一方通行になっていて、駐車台数が増えると釣り場からどんどん遠くなってしまいます。

私たちが行ったのは繁忙期の8/11お昼12時過ぎでしたが、ちょうど半日釣りを楽しんだ方が帰る時間帯だったのかタイミングよく近くに駐車できました。

最初に釣り方を決めよう!料金やポイントをご紹介

千早川マス釣り場には、

  • 小さなお子さんや初心者向けの「目方釣り」
  • ゆっくり釣りを楽しみたい方向けの「釣り取り」

の2つに大きく分かれています。

気になる料金や特徴は以下の通りです。

 

釣り方 釣り場料金 道具レンタル料金 魚の買取料金
釣り取り 1人あたり(大人・子供)
半日(午前・午後):3,000円
1日:3,900円
※釣りをしない同伴者は無料
竿代:400円
エサ代:400円(いくら)
ビク代:300円
※持ち込み可
釣った魚は無料でお持ち帰りOK
目方釣り 無料 竿・エサ(練りエサ)代:300円
ビク代:無料
100g 235円
※釣った魚は全部買取

詳しく説明していきます。

目方釣り:手ぶらで簡単!小さなお子さんや初心者向け

目方釣りの特徴はこちらです。

  • 魚がウヨウヨいる釣り堀みたいなイメージ
  • すぐに釣れる!
  • 30分〜1時間程度で釣りを終える人向け
  • 竿・エサのレンタル300円、ビク代は無料
  • 1家族で竿一本でもOK!
  • 釣った魚は100g 235円で全部買取
  • キャッチ&リリースはダメ(逃しちゃダメ)
  • 3000円以上釣った方は氷(300円)無料サービス!
  • 職員が近くにいるので初心者でも安心
    (魚が飲みこんだ針も取ってもらえます)

注意ポイントは、たくさん釣りすぎたり、大きなニジマスを釣ると目方料金がグーン!と高額になってしまうこと。

 

買取料金100g235円が、どれくらいの価格なのかは後述しますね。

釣り取り:ゆっくり釣りたい方におすすめ!釣れた分だけ持ち帰り

釣り取りの特徴はこちら。

  • 釣った魚は無料で自由に持ち帰りOK!
  • 竿・エサ代・ビク代がそれぞれかかる
  • 釣りをしない同伴者は無料
  • 日に何度かニジマスの放流あり
  • タモ網無料貸し出しあり

釣り取りは、ゆっくりと釣りを楽しみたい方に最適です。

また大きなニジマスの引きを楽しんだり、たくさん魚を持って帰りたい方も「釣り取り」がおすすめ。

 

千早川マス釣り場は「目方釣り」は釣り場代が無料だったり、「釣り取り」は同伴者の料金が不要だったり、無駄なお金がかからないのでとっても好感が持てました。

団体釣り場:貸切でバーベキューもできます

出典:親子であそぼ〜よ

持ち込みバーベキューができる「団体釣りコース」もあります。

大区画 小区画
30名様までで利用できます。
最低放流予算40000円(約120匹)
10名様までで利用できます。
最低放流予算19000円(約60匹)

※持ち込み自由ですが、サオ、エサ、ビク代は含まれていません

お友達同士や子ども会、会社のレクレーションなど、人数がまとまれば団体貸しきりが断然お得!

  • バーベキューは持ち込み制で無料
  • 1日貸し切り
  • 雨天等による当日キャンセルは無料
  • バーベキューセット5,500円あり
    (炭10kg、網、火バサミ、トング、コンロ)

詳しくはコチラ

ルアー・フライ釣り:釣り好きに嬉しい♩

 

この投稿をInstagramで見る

 

へーちゃん(@basara318)がシェアした投稿

千早川マス釣り場ではエサ釣りのほか、ルアー・フライフィッシングも楽しめます。

時間 料金
1日券 8:30~17:00 4,300円
半日券 8:30~12:00 or 12:00~17:00 3,400円
15:00券 15:00~17:00 2,700円

※午前半日の方は差額900円をお返しいたします。最初は1日券をご購入してください。

  • ルアーの貸竿をご用意
  • 持ち帰りは5匹まで可能
  • 安全のためにサングラス、帽子を着用
  • バーベキューは要予約(釣客無料、要持込)
  • ルアー・フライ釣り以外の行為は禁止!
    (エサ釣り・ひっかけ釣りお断り)

詳しくはコチラ

千早川マス釣り場で「目方釣り」をしてみた!

前置きが長くなりましたが、いよいよ釣りの実践です。

今回私たちは小さい子どもがいたので、誰でも釣りやすい「目方釣り」を選びました。

受付を済ませて、

すぐ近くの「目方釣場」のところに行き、係の方に受付票を渡します。

釣り竿とエサを1セットだけレンタルして、いよいよ釣りのスタートです。

3つに区分けされている目方釣り場

目方釣り場は、魚のサイズごとに3つの釣り堀に分けられています。

釣り場の入り口から「大サイズの魚▶︎中サイズの魚▶︎小サイズの魚」という順です。

釣り堀にはニジマスがウヨウヨと入れ食い状態。

釣った魚は全部買取なので、サイズ選びは重要です。

針が見えないように練りエサをつけて投入して、

真剣な眼差しで魚がかかるのを待ちます。

 

5秒で釣れたw

 

近くにいた係りの人がマスを網であげてくれて、

マスが飲み込んだ針も外してくれました。

目方釣りは近くにスタッフが数人いるので、初心者でも安心。

釣ったマスはビクに入れておきます。

目方釣りはビクのレンタル代は無料です◎

普段釣りをしない私や子どもたちでもバンバン釣れます。

旦那さんは釣った魚のハリはずしとエサ付けに専念。

釣り場の注意点として、ベンチが一定間隔で設置されていてスキマが空いています。(上画像を参照)

ベンチの下は小さい川が流れており2〜3mほどの高さがあるので、小さいお子さんが落ちないように注意が必要です。

今回は小〜中サイズのマス7匹を釣り上げたところで終了しました。

釣った魚はビクごと係の方に渡して重さを測ってもらいます。

100g✖️235円で買取なので、

578gで1,358円でした。

 

思ってたより安っ!

釣りをしていた時間は1時間弱くらいだったかな。

 

”目方釣りは短時間で釣りたい方向け”とあったので

「せっかく来たのに短時間だと物足りないのでは?」とちょっと不安でしたが、目方釣りの竿1本レンタルで大正解。

 

たま~に釣れる程度だと子どもたちは飽き始めちゃいますが、目方釣りなら簡単に釣れるのでそんな心配はいりません。

釣り竿をたらして待ってる時間も少ないし、交代で竿を使っても釣りを楽しむことができました。

休憩所で自分で釣った魚を食べられます!食堂のメニューも紹介

調理の仕方は3種類!

 

この投稿をInstagramで見る

 

さいとうともこ(@roooop0311)がシェアした投稿

釣った魚を食べたい場合は、受付と同じ建物に持ち込むと美味しく調理してくれるサービスもあります。

調理の仕方が3種類。

  • 塩焼き
  • 唐揚げ
  • 洗い(刺身)

140円/100gで調理してくれます。(調理方法で値段の差はありません)

 

自分で釣った魚の味は、格別ですよね!

ただ釣りをするだけでも楽しいですが、子どもにとって自分で釣った魚を食べることも貴重な体験。

千早マス釣り場は、自然の恵みと命をいただくありがたさを子どもに教えるのにうってつけの場所です。

食堂のメニューはこちら

メニュー豊富な食堂もあります。

詳しくはコチラ

包丁の貸し出しあり!自分でさばいて持って帰れます

千早川マス釣り場では、洗い場にまな板が設置されているのでその場で下処理ができます。

包丁は受付で保証金1,000円で借りることができるのでとっても便利。
(包丁を返したら保証金は戻ってきます)

帰宅してからの下処理って大変ですよね。

生ごみや臭いも出るし、ゴミの日まで日数があるとニオイなどの問題も出てきます。

釣った魚をその場で下処理することで、魚の鮮度を長く保つこともできるのでオススメです。

クーラーボックスとビニール袋、保冷剤があったら便利です。

繁忙期や時間帯によっては待ち時間がでることもあります。

ニジマスを実食!

ニジマス料理の調理法が載ってるプリントを参考に、さっそく自宅で調理してみました。

熱々の塩焼きをパクリ。

身がしっとり柔らかくて美味しい〜♡淡白なお味なのでどんどん箸がすすみます。

バター焼きは表面は香ばしく、なかはふっくらやわらか。

仕上げにレモンを絞ると、バターのコクとサッパリ感のハーモニーが絶妙です。

もっと食べたい♡

千早川マス釣り場 口コミや評判は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

✧kozu✧(@k.kozu73)がシェアした投稿

上記の口コミの内容は、

  • 午前中に釣ってた人はたらふく釣れてた
  • 13時と14時に魚の追加放流あり
  • 行くなら午前中か12時半ぐらいからでいいかも
  • 塩焼きより、子供にはマスの唐揚げが人気だった
  • 日陰がほぼないから帽子は必須
  • 大量に釣る気ならクーラーボックスや捨ててもいいタオル、魚から針を外す小さいペンチ?があれば便利かも

とのことでした!

 

この投稿をInstagramで見る

 

〜じんたろう〜(@0debu96)がシェアした投稿

海釣り派の方も、山の中での釣りの魅力に気付いたようです。

半日券(3000円)でこれだけ釣れたらコスパもいいですよね。

 

というわけで、千早赤阪村にある『千早川マス釣り場』をご紹介しました。

ショッピングや遊園地などの遊び場もいいけど、大自然の中で思いっきり遊ぶのも楽しいですよね。

大阪市内から車で約1時間とアクセスも良いですし、魚釣りをしたことがない方も楽しめるおすすめの観光スポットです。

ぜひ体験してみてくださいね♩

千早川マス釣り場の詳細情報

店舗詳細店舗名:千早川マス釣り場
住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1262-4
電話番号: 0721-74-0116
営業時間:8:30~17:00
店休日:年中無休
HP:http://chihayagawa.jp/

-おでかけ, 今見ておきたい記事, 千早赤坂村, 観光
-, , , ,

© 2022 かわちび